ぷれヴぃじおーね

読んだ本の感想や、作ったお料理、スイーツの紹介など、
趣味と日記とちょっと思った事を綴るBlogです


<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
<< 偽物語(下) 感想 西尾維新 歯磨き上手かなぁ?(>_<) | main | キューピーのたらこ新CMに癒されました >>

鈴木史郎と『バイオハザード』に感銘!

今週発売の週刊ファミ通(7月3日号No.1072)の巻末の方にある
バカタール加藤のアノ人に聞きたい!で感動しました。

 鈴木史郎と『バイオハザード』 鈴木史郎さんといえばまじめなイメージのあるアナウンサー。
しかし、古くはインベーダー、マリオなどをやりこんだ生粋のゲーマーなのである。
そんな鈴木史郎さんの代名詞なのがバイオハザード。
あのものすごく怖いゾンビさんいっぱいのホラーアクションゲームをナイフ一本でクリアしたり、タイムアタックでやりこんだりしているという。
 
リオンですら銃を使ってもクリアしてない怖くて操作性の独特なゲームをナイフ1本でクリアするなんて! そんな鈴木さんに聞き手のバカタール加藤さんがゲームの魅力を堂々と語ってくれる鈴木さんに心から感心していると言うと
 
「ゲームは何かあるたびに悪く言われがちです。
でも悪いわけがない。むしろ魅力にあふれています」

すごい!なかなか言えないと思います。
しかも、その後、こんな事もおっしゃっています。
 
「私が言うのも心苦しいのですが、マスメディア、とくにテレビは大いに反省するべきだと思います。多角的な深い検証や取材がないまま、流れの中でゲームを批判することが多い。ゲームファンの99.99パーセントはふつうに生活している。当たり前のことです。それなのに、そうではない人が何か罪を犯したとき、ゲームをしているだけで、ゲームが悪者になる。そのような浅い報道がいいわけがないですよね。」



感銘しました!
 ゲーム脳とか、某報道である事件の犯人たちのゲーム歴を調べてしてないことがわかったらなかったことにするところとか……ねぇ?

 よっぽどその犯人たちの部活さんとかの方がゲームをなさってる人たちの人口よりも少ないと思うんだけど、それとは不思議と関連させないんだよね?

まあ、スポーツにもゲームにも罪はなく、その事をした人に罪がある。
史郎さんはすごい!
 
なんと来週も史郎さんとの事。
今週号はモンハン3のかわいいギルドの看板娘さんに新情報てんこ盛り。
SaGa2の新情報もうれしいのです。
今週も来週も買うといいと思うよ?
マスコミの皆さんだけじゃなく、みんなも買うといいと思うよ?
20:25 | ゲーム | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

20:25 | - | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://previsione.jugem.jp/trackback/2559
この記事に対するトラックバック
本好きPeople
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー qrcode