ぷれヴぃじおーね

読んだ本の感想や、作ったお料理、スイーツの紹介など、
趣味と日記とちょっと思った事を綴るBlogです


<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
<< 地デジ購入に2万円支援!? 自民党景気対策 | main | アクセル・ワールド1黒雪姫の帰還 リオンの太鼓判! >>

狼と香辛料10 久々にラブラブ?

評価:
支倉 凍砂
アスキーメディアワークス
¥ 620
(2009-02)
Amazonランキング: 12位
Amazonおすすめ度:
起承転結が掴みづらいペースな話
相反するもの
新たな展開があるけれど、どこに行くかはまだ分からない
「悪いが、もう少し我慢してくれないか?」
「……ん」


ついに大海原を越えて北の雪国へ。

狼の骨の話を求めて、大雪の中を目指すロレンスとホロとコル。
商人のピアスキーと羊飼いのハスキンズとの出会いは、ホロの運命を大きく変える!?

意外な展開に話が行って驚きました。
といっても、前半部分ですが。
後半のアレはなんとなくそういうことがあるかもと思いましたが。
その覚悟もすごかった。
でも、序盤のピアスキーの謎かけは、僕も発想できず、そういうこともあるかと驚いてしまいました。

物語は大きく、そして、終わりも少しずつ見えてきたような気がします。
その時に、前の時に考えなかった答えを出せるのでしょうか?
しかし、コルのおかげで、ロレンスが頭を抱える展開も、逆に救われる展開も増えそうですね。

商業ファンタジーも10巻目にしてさらに充実。
すばらしい作品でした。

<<ただいま『人気blogランキング』に参加中です(^o^)丿>>
皆さんの応援がボクの元気の素です。よろしくお願いしますm(__)m
 ←ポチっとな(*^_^*) 

PS,ここからはネタバレ感想。
反転させてお読みください。

故郷がなくなる。
そういうこともあるかもしれないとは思う。
でも、それが人間が住むために土地を開拓する可能性というものを考えてなかった。

言うならば、ダムのそこに沈む村というところでしょうか?

ホロがその可能性を知ってしまった時。
すごく心が痛みました。

後半のハスキンズの共食い。
ハスキンズは、なんとなく人間以外だろうなぁとは思っていた。
でも、まさか羊とは。
羊が生き残る為には羊を食べなければいけない。
そうまでしたのだから、最後の羊さんアタックにはある意味率先して協力した事だろう。

彼らは老いて静かな感じに思ったかもしれないけど、逆に狼を恐れていたからこそというところも最後に出てきて、それでも彼らを頼ったあたりに故郷を作るという強い意志に考えさせられた。
23:59 | 本の感想 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

23:59 | - | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://previsione.jugem.jp/trackback/2503
この記事に対するトラックバック
本好きPeople
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー qrcode