ぷれヴぃじおーね

読んだ本の感想や、作ったお料理、スイーツの紹介など、
趣味と日記とちょっと思った事を綴るBlogです


<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
<< 『すべてがFになる』 抜群に面白かった! | main | モス宮崎県産霧島黒豚メンチカツバーガー300円! >>

『阪急電車』 感想 すばらしい!今年一番笑いました。相変わらず甘ーい!

評価:
有川 浩
幻冬舎
¥ 1,470
(2008-01)
Amazonランキング: 28位
Amazonおすすめ度:
断片をつなげると面白い物語になる
ほんわか人生物語
有川浩さんといえば、図書館戦争に、陸海空の自衛隊もの!
軍事系に強く、激甘のストーリー!
直木賞受賞の桜庭一樹と双璧をなす、ライトノベル界を飛び出して一般レーベルですばらしい作品を出し続ける女流作家で、実力はリオンが言うまでもなく折り紙つき。

図書館戦争から派生したサイドストーリー、レインツリーの国では、激甘でありながら障害を乗り越えようとする2人の純愛にリオンも涙を流しました。
(今年四月にはアニメ化と、別冊図書館戦争という本が出ます)

このように、有川作品といえば、甘いけど笑いもあって、それでいて熱いのです。
この阪急電車も本当にすばらしく、いち早くこの本を皆さんに紹介する事ができて、リオンは本当に幸せ者です。

装画は、図書館戦争と同じ徒花スクモさん。
大変かわいらしい装丁は、ここから有川さんを読んだことが無かった人もはいりやすい感じですね。

物語は、軍事物……では無く(まあ、ファンのための多少の要素もありますが)阪急電車のマイナーな今津線を舞台にした、短編連作集。
しかも、神がかっているのが、その構成!
宝塚駅から西宮北口駅まで8つの駅を15分くらいで行くのですが、その1駅ごとに人の乗り降りがあって……。
ゲームの『街』のようにそれぞれの物語がリレーのバトンのように繋がっていったり、判らなかった事が後でわかってくるのです。

しかも、ここまでは雑誌パピルスに連載されたもの!
当然電車は折り返すわけです!

つまり、雑誌で各物語の導入部分が紹介され、単行本でその後の話がわかり、なおかつ各主人公たちがいろいろなあんな展開やこんな展開に巻き込まれていくのです!
これは、つまんない訳がない!
しかも、本好きサラリーマンのお話や、謎の引き出物を持つ純白ドレスの美女、ちょっと変わったおばあちゃんと孫、どうしようもないろくでもない暴力彼氏を持つ女性、年齢=恋人いない歴の青年!
彼らが、どうなったのか?
個別ではなく、ビリヤードのような連鎖が起こっていくのです!

本当に後編のある意味主役のきつーい人がいるのですが、ここでああなるから、あそこでああなるという、パズルのように精密な展開はまさに関西人のオチを求める壮大な物語。
無論個別のお話は、ああそうなってよかったと思う素敵な話しばかり。

より一般人向けに作られた有川さんファンも楽しめる素敵な本になっています。

これ、本好きを自称する人は読まないと損しますよ!
断言します。今年のリオン一押し第一号です!
是非、今まで有川作品を敬遠して読んだことが無かった人に読んでほしい一冊です。

最高でした!
感想はネタバレでも、書きたいと思いますので、後日、下に書こうと思います。
読んだ皆さん、いっしょにあの世界、有川ワールドを語り合いましょう!

<<ただいま『人気blogランキング』に参加中です(^o^)丿>>
皆さんの応援がボクの元気の素です。よろしくお願いしますm(__)m
 ←ポチっとな(*^_^*) 

PS,時刻表を携帯で見ながら読みました。駅の名前を確認しながら、その駅の描写を読みながら、電車でその会話がなされている事を想像するとすごくいい感じでした。
とくに、電車に実際に乗って読んでいた時とか、1話の彼同様他のお客さんを見てしまいます。

あと、どの主人公も素敵なんです。
本好き青年や、不思議な事を探す女性。
美しすぎる白いドレスのOL。
軍事オタクな青年の話は折り返してからがさらによくなりました。
これを雑誌連載で読んでいたら、精神衛生上よろしくなかったかも。
1秒でも早く続きが読みたい類の話ですね。

あと、これこそ月9になりそうですね。(図書館戦争最初の時に有川さんが仰っていました。軍事物?よりもしやすいはずです)
このへんは、図書館戦争アニメ化と同じ局のフジテレビだけに、すんなりなるかもしれませんね。
のだめとかもなってるしね。

JUGEMテーマ:読書
20:43 | 本の感想 | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

20:43 | - | - | - |

この記事に対するコメント

こん 本買ったの初めてー 途中からだんだんおもしろくなってきた
youko | 2011/05/22 9:30 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://previsione.jugem.jp/trackback/2274
この記事に対するトラックバック
本好きPeople
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー qrcode