ぷれヴぃじおーね

読んだ本の感想や、作ったお料理、スイーツの紹介など、
趣味と日記とちょっと思った事を綴るBlogです


<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
<< くじらさんも大好きです! | main | MHP2nd日記4 駄洒落!?雪の山のガウシカ!? >>

『時をかける少女』  感想 馬鹿だけど一生懸命で泣けます

評価:
筒井康隆,細田守,仲里依紗,石田卓也,板倉光隆,原沙知絵,谷村美月,垣内彩未,関戸優希
角川エンタテインメント
¥ 3,859
(2007-04-20)
Amazonランキング: 3位
Amazonおすすめ度:
青春今一度!
買って良かった!
星5つは確かですが。
昨日から発売された時をかける少女。
去年はまさに時かけがほぼすべての賞を総なめし、世界でも高評価。
最後の1冠星雲賞でも当然のノミネートでただいま受付中なのです。
ハルヒとの一騎打ちは果たして?

さて、昨日からレンタルも始まり、皆さんもより身近に見る機会が増えたと思います。
そこで、数々の賞とたぶん記録を作るであろうDVDセールスをお祝いして感想を書かせていただきます。

泣いた!2回も!!(ToT)/~~~

そして、お馬鹿な2代目はそれでも健気!
まさにのび太なのです。(たぶん乙一氏が最初に使った表現だと思うけどさ)

ドラえもんから道具を借りて、天才的に使って最後に痛い目を見て泣く。

こんなパターン近頃見ませんよ!?

紺野真琴は、今を生きる17歳の女子高生。
しかし、いまどきの高校生でもあるけど、男友達2人と野球?をする健康的な少女。
ある時、理科準備室で誰かの気配を感じて入ってみたら……。

時間をさかのぼる能力を身に付けてしまった真琴は、魔女おばさんと呼んでいる叔母芳山和子(初代)に相談するのだが。


というわけで、話はまったくのオリジナルですが、初代を知っているとニヤリとする演出もいっぱいあって非常に面白い。

能力を得てからやることが、やっぱりお馬鹿で、でもやっぱり年頃の少女。
プリンやカラオケやテストの為に飛びまくる?(^_^;)

しかし、力を使っていくうちに徐々にわかり始めた真琴。
そう、力を使って得をした自分のほかに、損をした人がいるんじゃないのか?
物語は、徐々に3人の関係を変えていき、あの踏み切り事故の日に帰っていく。

良かれと思ってした恋の手伝いも、真琴が思っている以上に人の心は難しい。

他人の恋には応援して、自分の恋には臆病で逃げ出してしまう彼女。
最後の1回のタイムリープで彼女が跳んだのはいったい?

すがすがしい気持ちになれる、青春SFストーリー。
スタッフは最高のメンバーが集結。
日本アカデミー賞はおまけに過ぎません。とって当たり前だったのですから。
ぜひ初代世代の人も、今の高校生にも見てほしいです。

<<ただいま『人気blogランキング』に参加中です(^o^)丿>>
皆さんの応援がボクの元気の素です。よろしくお願いしますm(__)m
 ←ポチっとな(*^_^*) 

PS,妹が大好きです!(#^.^#)
かわいいよね、ちゃんと姉より早く起き、プリンも謝るし。
あんな妹がほしい!!
あと2人の選択、女の子目線的にはどっち!?
ここからはチョイネタバレで反転して書きます。
ボクなら功介だと思うなぁ。
いや、爽やかでしょ?
でも、幼馴染って難しいよね、友情から恋に変わるのってさ。
真琴自身、千昭をありえないとか言っていて、それは功介に好意を持っていたからかもしれない。

でも、やり直し世界で千昭が仲良くなっていくのを見てなんとも言えない感じになっていったのが見ていて辛かった。
前半がお馬鹿なだけに、泣けてしまうんだと思う。
踏切事故での止まれー!!や、ぼろぼろになってまで止めようとしたのは本当に泣けてきてしまった。

その前の消火器事件も止めてしまってなお辛い思いをするのが、時間を操った報いのようなものを受けているように感じ取れた。

時間を跳ぶものは悲しい思いもいっぱい起こる。
それは、初代も同じだったのではないだろうか?
しかし、最後の1回は、無論ラベンダーの魔女がくれたもの。
23日追記 ラスト一回は、千昭がゼロになって飛んで作った時間なので
真琴の最後のタイプリープは無かった事になるので1回残った状態で記憶のみ0回に。


未来に飛べない彼女は、だからあの瞬間を選んだんだと思う。

最初2人の男友達が好きになれなかったが、終わったときにはどっちも好きになったし、真琴も大好きになった。
最後、ちゃんと自分の気持ちを友人に言えた時、何かが変わったんだろうと思う。

少し経ったらもう一度見たいと思う良作だと思う。
22:12 | アニメ・漫画・映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

22:12 | - | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://previsione.jugem.jp/trackback/1916
この記事に対するトラックバック
本好きPeople
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー qrcode