ぷれヴぃじおーね

読んだ本の感想や、作ったお料理、スイーツの紹介など、
趣味と日記とちょっと思った事を綴るBlogです


<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

キューピーのたらこ新CMに癒されました

とにかく見て! 小さな男の子?のきれいなボーイソプラノに、たらこ達が楽器を吹きます。 個人的に、マリンバとスーザフォンはかなりいい! ほよほよなさってるのです。 ぜひ、ストラップで、スーザフォンバージョンを!
20:45 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |

マクロスFサントラ エヴァ以来初登場オリコン週間3位 本物だから売れる

評価:
TVサントラ
JVCエンタテインメント
¥ 3,045
(2008-06-04)
Amazonランキング: 1位
Amazonおすすめ度:
無題
これは買いです!
いっけー!でっかるちゃー!!
前回、記事で紹介したマクロスF(フロンティア)のOSTオリジナルサウンドトラックが、前回の記事でも書きましたが、案の定オリコン週間3位でした。
これは、アニメサントラではエヴァンゲリオン以来の快挙。
約11年ぶりの快挙でした。

しかし、実際、記録更新の可能性はかなりありました。
なぜなら、前回の記事でもお伝えしたように、品切れしていたからです。
もし潤沢に商品があれば、2位は余裕、1位も十分にありえました。

初日は事実2位だったのですから。
ちなみに本日は2位。
1位MINMI3位KAT−TUNの間に菅野よう子の作品が入っているのです。

何度も言います。
本物だから売れると。

安すぎます。正直、2枚にわけていい内容でした。
それが限界いっぱいまで入って、惜しげもなくすばらしいバライティーに飛んだ作品が入っている。

アニメのサントラ?とか、変な偏見があるともったいないです。
やっぱり、菅野さんの作品は、世界なんですよね。
天から降ってくる感じ。
過去に私は彼女は現代のモーツアルトといいましたが、まさにそうです。

起用した3人の歌姫もそれぞれすばらしく、女性に共感される歌詞とメロディ。
CMよう子も好評だし、ガリレオとか担当してようやく世間が追いついてきた感があります。

短い中に詰め込む、メッセージ性のある他ジャンルの曲の集合体。
そのうち、きっと朝の音楽好きなおはよーございますなあの人も取り上げるのかもしれませんねw

ここまで売れたのは本当にうれしいです。
アクエリオンのような寂しさはもはやありません。
今度は、ちゃんと発売日から売れた。
このことが本当に本当にすごくうれしいです。
そして、数がそろえばどのくらいまで売れるのでしょうか?
6月には、もう一枚出ます。
菅野さんの更なるご活躍を期待しつつ、体に気をつけて素敵な作品を作り続けてほしいです。

あえて言おう、歴史に残る1枚だと!
現代のクラシックで新しいご機嫌な1枚。
ぜひ、聞いてみてとしか言えないんだよなぁ。

<<ただいま『人気blogランキング』に参加中です(^o^)丿>>
皆さんの応援がボクの元気の素です。よろしくお願いしますm(__)m
 ←ポチっとな(*^_^*) 

JUGEMテーマ:音楽
22:53 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0) |

マクロスフロンティアO.S.T.「娘フロ。」

評価:
TVサントラ
JVCエンタテインメント
¥ 3,045
(2008-06-04)
Amazonランキング: 1位
Amazonおすすめ度:
購入価値有り
デカルチャー!!
期待は裏切りません!
早速買って来ました。


ステッカーが付いていました。
(数量限定のもよう)

とにかくありえないほど豪華。
今までのマクロスFのCD曲もライブのような感じになって入っているし、劇中歌もものすごい数が入っています。
SMS小隊の歌のゆるゆるっぷりに、ニンジーンなアイドルな歌や、娘々のCMソングまで!
もちろん、クラシカルな曲から、民族楽器的な曲、サイバーな感じの曲と幅広く、菅野よう子の才能を改めて認識させられる1枚。

CMソングな1枚も出たばかりですが、人の心を奪う曲は菅野よう子の十八番です。
アクエリオンのCM登場時の時も、遅ーいとかいいつつ、あっという間に菅野ワールドに世間が染まったのをうれしく思いましたが、今回もその可能性は大ですね。

……数年後パチンコになるんだろ、どうせ(^_^;)

二人の歌姫の競演は、音楽ファンならジャンル無視で買うべき。

個人的には、歌を除けば
12番のPrivate Army.(アンデカというか、こういうリズム感好き)
11番のビッグ・ボーイズ(かっこいいですよね)
18番のThe Targetの緊張感
19番のBajuraは、フィンランディアというクラシックに似てますw
フィンランディアが好きなんですよ。

歌では、やっぱり、ダイアモンド・クレバスが泣けますね。
女性はいっぱい無くといいと思うよ。

でも、やっぱりSMS小隊の歌のあの飛びぬけた感じやにんじんも好きだなぁw

結局全部好きなリオンでした。

<<ただいま『人気blogランキング』に参加中です(^o^)丿>>
皆さんの応援がボクの元気の素です。よろしくお願いしますm(__)m
 ←ポチっとな(*^_^*) 

PS,これはオリコン何位になるでしょうかねぇ。
5位以内は硬いような気がしますが、はたして?

JUGEMテーマ:音楽
23:58 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0) |

聖剣伝説2 子午線の祀りをリコーダーで吹く!



ものすごいです!完璧です!
リコーダーだと、塞ぎきれない指のミスとかもおきそうですが、正確無比に吹いています。
原曲が神がかっていますが、リコーダーの多重奏は幻想的で背筋ゾクゾクものです。
すばらしかったです。感動した!
かっこよすぎます。

JUGEMテーマ:音楽
03:43 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |

一人でバッカーノを演奏しきります!!

追記:元旦にフジテレビに出演したそうです。
(ルパン三世アレンジの方で)
マリンバかっこいいし、アレンジもよかったですし、逃げるハイハットも好きでした。
おめでとうございました。


右で紹介しているバッカーノのサントラCD。
まあ、すごくキレキレでお気に入りなのですが……。

ま、まさか一人で演奏するツワモノがあらわれるとは\(゜ロ\)(/ロ゜)/
……人間には手と足は2本ずつしか存在しないのですが、果たして!


JUGEMテーマ:音楽


<<ただいま『人気blogランキング』に参加中です(^o^)丿>>
皆さんの応援がボクの元気の素です。よろしくお願いしますm(__)m
 ←ポチっとな(*^_^*) 

PS,リオン、ぐったりんこ中(>_<)
もうチョイしたらちゃんと書かないとね。
23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |

MOTHER3+ 11月2日 今なら『おしのびどせいさん』ストラップがもらえます

MOTHER3+
MOTHER3+

HPはこちら(一部視聴できます)

マザー3のCDが11月2日に発売されます。
このCD、ゲーム音源ではなく、アレンジがすごい。
そして、歌は糸井さんが作詞だそうです。
あの愛のテーマが上のサイトで聞けますよ。

さらにこちら!

どせいさんストラップが初回盤でもれなくもらえます!

しかも、おしのびバージョンダヨ(>_<)

反則だよね。
ってことでマザーを知ってる人も、知らない人もおねえさんも買うとよろし!

<<ただいま『人気blogランキング』に参加中です(^o^)丿>>
皆さんの応援がボクの元気の素です。よろしくお願いしますm(__)m
 ←ポチっとな(*^_^*) 
00:01 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |

ハチクロ実写映画、菅野よう子が音楽担当!!

ソースはこちらからどうぞ!

ハチミツとクローバーの実写映画が今年の夏に公開!
7月12日に新主題歌もあわせて発売!
スピッツの主題歌も気になりますが、やっぱり菅野よう子さんですよ!
買い、決定!

今、エスカフローネ&ビバップ、ブレン、攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXを聞いてますが、やっぱキレキレ!
2500円ですか。
楽しみだなぁヽ(^o^)丿


<<ただいま『ブログランキングくつろぐ』に参加中です(^o^)丿>>
皆さんの応援がボクの元気の素です。よろしくお願いしますm(__)m
←ポチっとな(*^_^*)
13:59 | 音楽 | comments(5) | trackbacks(1) |

吹奏楽の旅 SP 2005年 感想

ついに見ました。
すばらしかったです。感動しました。
……って書くと、それで終わってしまうので、多少思ったことを書きたいと思います。

今年から普門館が改修工事のために全国大会は3年間は別会場。
正直かわいそうです。
普門館で今回の番組の4校もやらせてあげたかったです。

まず、県大会、支部大会、全国と、番組内では紹介されていますが、
実際には、県大会の中にさらに大会が存在している所があります。

ボク達は、千葉県からの出場でしたので、千葉は予選3日間に、それぞれ、金銀銅を出して、3日間の金賞団体から15校を選出して本選大会が行われ、そこで4校が関東大会に進出する方式でした。
(昨年の全国出場校は本選からの出場で予選はシード演奏が出来る)
現在では、東関東大会に分割され、6,7校だっけ?開催地枠とかあるから、わかりにくいけど、東関東まで行ける学校は増えています。
でも、実際には、東関東での全国枠が関東の時より減っているので、千葉県つぶしのルール変更だといまだに思っています。

そう、千葉県は、日本有数の競合で本選に出ることすら難しいのです。

下手したら他の支部レベルがある千葉県を突破して、支部大会、全国大会と進んでいくのですが……。
今考えると、明らかに凄いですね。
……よく全国に行けたものだ。

あの番組を友人たちが見たら、きっとボクを見る目が変るでしょうね(^_^;)

柏がやっていた音程を合わせるっていうのが、番組内ではわかりにくいでしょうから、簡単に説明します。
普通、音程は、書く音に基準があり、まずはそこにチューニングしていくのですが、管楽器は、息のスピードで上がったり、下がったりします。
まずは、一般の人がわかるのがここくらいかな?

その後、柏が楽譜の音ごとのピッチ(音程)をあわせるってのをやってましたが、これは、単音でのピッチが100%あわせられるようになっても、実は音はキレイに聞こえません。

ド、ミ、ソでわかりやすく書けば、3つの音が重なる時、完璧にピッチをあわせるには、ミの音を低くしなければならないのです。
これが3度の音程って奴です。
で、ここまでは、まだわかる話。

柏がやっていたのは、現代曲に多いのですが、不協和音とかの細かい音でのすべての楽器との兼ね合いでのピッチをあわせるというものです。

ドビュッシー等の印象派は、4度という不協和音にも、実はある細工をするときれいに聞こえる部分がある事を使って曲に取り入れ始めました。
ド、ミ、ファ、ソと組み合わせた時、ミは低く取って、ファを少し高めにする。
……他にも7度など、細かい音を、短い音でも合わせるという尋常じゃない世界の高度なテクニックなのです。

ちなみに、ボク達は、長い音は合わせましたが、音量はffなのに、音を下げないといけないとか、もともとの楽器が音程が良くないものだったりとか、コンクールは夏が予選なので、ただでさえ高めになるのにどうするんだよ!という苦労がありました。

喉を広げる、息のスピードを抑える、変え指で、その音程用に普段使わない指の組み合わせでその音を出すなど、あの手この手と考えたものです。

ちなみに、ボクの楽器は、TUBAであの眼鏡の男の子がコンクールに出られなかった大きな金管楽器で低い音を担当する縁の下の力持ち的な楽器です。

そういえば、あの男の子も変わりましたね。
出られないから部活に出ない……なんてごねてましたが、みんながみんなちゃんと役割を持って60人全員でコンクールメンバーというのは、かなり泣けました。

そうかと思えば、40人しかいなくって、1人で4つ、5つも持ち替えるところもあり、凄いなぁって思います。
あの楽器の持ち替えの移動の練習は、絶対に普通の楽器の練習に支障があると思うのですが凄いですね。
本番で、大太鼓が倒れた時、他人事には思えませんでした(T_T)
無事に通ってよかったですね。

あと、番組では紹介されていませんが、課題曲と自由曲があり、2つで12分以内と決められています。
昔は、課題曲は交響曲系2つに、マーチ系が2つだったのですが、これも同じ学校が連勝しないようにと、1年おきに交響曲の年、マーチの年と別けられるようになりました。
また、全国は数年前から午前の部、午後の部とすべての参加団体が同じ条件で賞を受けることができなくなりました。
これは、あまりに人が入れないので、午前中の組を一旦すべて金銀銅と評価して、生徒達やその親を会場から追い出してしまうという魂胆があり、それにより一般客を少しでも多く入れようという考え方です。

が、こういう事をすると、当然あってはならないのですが、午前と午後で賞のズレが出てきてしまいます。
柏の銀は、こうした平等ではないルールの弊害の一つです。

まあ、あの曲を選曲した事が、審査員受けしないというマイナスになり、銀という事でもあったのですが、それでもめちゃくちゃうまいので、審査員の好みの問題であって、顧問の先生が笑顔だったのには、そういう審査員の不平等さを理解しての笑顔だったわけです。

ちなみに、ボクらの時も、なぜか一方で最高得点がつくのに、ある1人の審査員から、最低点をもらった事がありました。
ありえないんですけどね、ほんと。
結果全国に行った訳で、その審査員はどんな耳を持っていたのかといまだに不思議に思います。
(とある有名な作曲家さんでしたが、総評も理解不能でした(゜o゜))

とまあ、今の吹奏楽コンクールは、昔ほどレベルが凄いわけでもないし、数々の問題も抱えています。
見るお客さんのマナーの悪化もあります。
それでも、全国に行くような所は、番組内でも見てわかるように、音楽を通して人間を成長するという考え方が徹底されており、掃除や、移動の時の的確さ、聞くときのマナーなどもすばらしい所が多く、下手な所ほど、そういう上手な所をおしゃべり、携帯などありえない態度でOBすら注意できない酷い団体が多いのです。
(無論、ボクが注意します、大学生になってまでやってる馬鹿もいます)

ゲストのコメントで、音に個性が出る、性格が出るといっていましたが、まさにそのとおりです。
全国に残ってくる団体は、もうすべての学校がすばらしく、光り輝いています。

だって、どこの学校もあれだけ凄い練習をしてきているんですから。

本当にこの番組は一人で見るにかぎります。
……だって、昔を思い出してしまうから。
泣いてる所なんか、見られたくないし、そうしたことを人に見られることを気にせずに集中して見ていきたいですからね。

昔の自分を重ねて、応援していい時間を過ごさせてもらいました。
本当にすばらしい番組を日テレさん、ありがとう!

よろしければ、また来年も放送してほしいと思います。

         
↑現在人気blogランキング↑週刊ブログランキングに参加しております。

PS,このTVに出演した学校の定期演奏会のチケットが売れていると聞きます。
淀や習志野なんか、凄いみたいです。
それだけ一般の人がすばらしい演奏を聴く機会を持つ事はすばらしい事です。
TVでは、本当の音の5割も伝わりません。
悲しいけど事実です。
ですから、この番組で裏の事情を見て感動して、是非生の音楽を聴きに行ってくださいね。

……震えますよ、マジで!
07:22 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |

アルフレッド・リード、死去

吹奏楽で有名なアルフレッド・リードさんが、17日、アメリカフロリダで臓器不全の為無くなった。
84歳だった。

本当に、驚いた。

僕のAリードの思い出は、まずシンフォニックプレリュードだと思う。
中学2年生の時演奏した時、まだまだ実力が追いついていない時代で、この曲の魅力が理解できない時だった。
なんせ、半音やピッチの安定など、基礎が出来ていない時期。
その中で、先生に怒られながら譜面に隠れながら吹いた記憶がある。

今にして思えば、譜面に隠れて吹くと言うのは、本当に譜面の後ろに隠れて吹くという事ではなく、楽譜に書かれたリードの気持ちを表現せず、書かれた事しか吹かなかった所に後悔がある。

吹奏楽の為の組曲では、第一楽章が楽しかった思い出か。
この頃は、中学で普門館を経験して、高校に行って新たに音楽を自由にやる楽しさに芽生えていた頃。
それなりに曲を自由に吹ける実力も多少はついて、本当に楽しかった頃だ。

吹奏楽の為の組曲では、最初TUBAとユーフォの2人で曲が始まる。

普段前に出る事がないTUBAだった僕は、縁の下の力持ちで着なポジションだ。
でも、リードの美しいテーマを吹くことが出来る喜びは、本当にうれしかった思い出がある。

優しくもあり、美しく厳しく力強くもある。

このメロディーを他の楽器が引き継いで行く美しさ。
第三楽章まですべてを通してこの曲は好きで、低音のリズムパートに過ぎないTUBAでも、自己表現をメロディとしても、音が重なる和音担当でも、リズムを刻む土台でも、本当にやりたいように出来たすばらしい音楽だった。

リード氏が日本吹奏楽を発展させたことは間違いなく、本当に惜しい人を亡くしたと思う。

謹んで心よりご冥福をお祈りいたします。
20:53 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |

ブラスト!2005年公演

昨日のブラスト!の事を補足しますね。

まずは、オフィシャルHPはこちら

こちらには、昨日紹介しました石川直さんのコメントや直前のリハ情報もあります。
3年目なのですが、チケットはかなり厳しい状態のようです。
が、当日券がまだありますし、立見席も座れる席を売り切った次点で若干あるとの事です。

7月30日から8月21日までBunkamura オーチャードホール
神奈川県立県民ホール(大ホール)
大宮ソニックシティ(大ホール)
で行いますので、難しい音楽とかわからないという人にこそ行って
音楽の楽しさに笑って感動して興奮してほしいと思います。

聞く音楽より、魅せる音楽を体験してください。

……ちなみに、僕はあんなふうには出来ません。
普通に吹いていっぱいいっぱいですから(>_<)

         
↑現在人気blogランキング↑週刊ブログランキングに参加しております。

今日の記事が面白かったり楽しい、何かの役にたったりグッド、満足したなぁ拍手と言うものでしたら、1クリックして下さい。
このBlogのポイントが上がります。m(__)m
11:43 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
本好きPeople
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー qrcode