ぷれヴぃじおーね

読んだ本の感想や、作ったお料理、スイーツの紹介など、
趣味と日記とちょっと思った事を綴るBlogです


<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

レイトン教授と悪魔の箱 すばらしいけど書けません

評価:
---
レベルファイブ
¥ 4,320
(2007-11-29)
Amazonランキング: 6位
Amazonおすすめ度:
前作に続き購入しました。
クリアした感想
とりあえずクリアしましたが

初回版にはレイトン教授かルーク少年のストラップがどちらかついています。
(ランダムみたいです)




すごく1作目がよくて楽しみにしていたリオン。
しかし、公式ページナゾにかんするネタバレはすべて削除とのお達しが
なので、ここでは単純にソフトの感想だけにしたいと思います。

すごく哀しいけど、みんなにナゾを解いてほしいとの製作者側の希望なので。
ただね、前回も解けずに先に進めなかった人がいたのも事実なんですよね。
このへんの判断は難しいですが、直接的な表現の禁止という微妙な言い回しがいったいどのへんまではアウトなのか?
難しい問題です。

さて、ソフトはアニメーションから始まります。
体験版も公式HPにあります。
是非アニメーションの美しさを体験してみては?

すごく綺麗。
そして、導入もスムーズ。
操作方法もわかりやすく教えてくれます。

そして、いよいよ事件があり、豪華列車へ。
声優陣もすばらしく、大泉さんもなれてきた感じ。
すっかり、英国紳士としてはね!が決め台詞になってきていますね。
渋いレイトン教授のかっこいいところをいっぱい見てみたいリオンなのでした。
ちなみに今は一章中盤です。

01:47 | レイトン教授と悪魔の箱 | comments(4) | trackbacks(0) |
本好きPeople
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー qrcode