ぷれヴぃじおーね

読んだ本の感想や、作ったお料理、スイーツの紹介など、
趣味と日記とちょっと思った事を綴るBlogです


<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 メモ

当然のことならがネタばれです。 まだ映画をご覧になってない方は、読まないようにお願いします。 文字は反転させてあります。
JUGEMテーマ:映画
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
続きを読む >>
23:59 | アニメ・漫画・映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

友人の声がTVから流れてきたよ!?

イヤー久々にびっくりw

真夜中にTV見てたら確実にリオンの知ってる声が流れてきたw

……ええ、勘いい人ならわかりますよね?

売れるといいねぇ?(#^.^#)
あのぎりぎりの線をついた誰にもまねできない歌。
がんばってくださいね。

で、でもよくOOOが許したね?w
CD、また隠れて買いに行きます。

PS,わざとはずしてるんですよ、あれ。
彼女、超、椎名林檎とかうまいですから。
裏表の使い分けがすごいのです。
23:59 | アニメ・漫画・映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

WALL・E ウォーリー 感想 今年1番泣きました

PixarのWALL・E(ウォーリー)を見てきました。
夏からずっと見たくて見たくてずっと待っていました。
歴史を変える名作とのアメリカからの評価を聞いて、ずっと期待してんです。

そして、その期待は裏切らなかったと思います。
ディズニーはあまりにもおいしいですなぁ(^_^;)

さ、さて、内容ですがゴミだらけて人類が見捨てた未来の地球。
そこにたった1人(あえて1台とはしないよ?)ゴミ掃除をし続ける清掃ロボットのウォーリー。
700年もの間、一人ぼっち。
唯一の楽しみは、人間が暮らしていた痕跡を集める事。

ウォーリーにとっては、人間にとって価値のないゴミも宝物。
そのなかで見つけたビデオテープの映画の1シーン。
ドレスを着た男女が手を取り合って、踊る。

そう、ひとりぼっちのウォーリーの夢は、誰かの手を握る事。

ある日、突然ソレはやってきます。
白くてツルツルの綺麗なボディーをした空飛ぶロボット、イヴ。
彼女はとっても仕事熱心で、ちょっと過激な女の子。

なんとか仲良くなりたいと、あれやこれやとウォーリーはがんばります。
少しずつ縮まる距離。でも、手を握る勇気が無い。
それは、言葉がほとんどなくてもわかる、ウォーリーの初めての恋。

そんな日も突然イヴがロケットでつれさらわれて事態は一変。

さらわれたイヴを追いかけてウォーリーも宇宙に。
実はイヴは地球の命運を握る秘密を持っていたのです。

セリフがほぼなく、無機質であるはずのロボットをここまで表情豊かに見せるピクサーの物作りの魂。
すばらしかったです。

各所にさまざまなオマージュがあり、それを見つけるのも楽しく、それが逆にある事で、さまざまな情感や、哀愁を感じてしまうのです。

あっという間に見終わって、最初から最後まで泣いちゃいましたよ。
今年一番泣いたかもしれない。
だって、イヴが誰かさんにそっくりでさw

ハイテクな彼女と、オンボロの彼。
時代を超えた美女と野獣。
……この場合、美女野獣とオンボロが正しいけど。

最強のツンデレと、純朴なウォーリー。

各所に出てきたオマージュや皮肉はこの下のネタバレ感想にて書きたいと思います。
リオンの友人も最初から泣いていて、化粧治しに時間がかかっておりましたよ。
2人がお気に入りなのは当たり前で、モーもかわいいと言っていましたよ?

大切な人と、家族と、ぜひ見に行ってみてください。
2人で見れば、自然にするべき行動は1つ。
無論、お子さんでも楽しめるはずです。

セリフがなんせほとんどないんですが、それでも、何を言ってるのか良くわかる。
最後のシーンは、みんな号泣。
隣のたった1人で実に来た訳あり?美少女も、斜め奥のおじさんも、前のネタばらししていた3人組のOLさんも号泣でしたよ?

無機質を生命に変えるファインディング・ニモのピクサーの最高傑作。
アメリカでアニメ作品なのに一般作品を抑えて作品賞受賞の快挙。
アニメって感じさせない存在感ある傑作でした。
リオンのお勧めです。

ずっと『ひとりぼっち』だったから
ずっと『いっしょ』に、いたかった……


<<ただいま『人気blogランキング』に参加中です(^o^)丿>>
皆さんの応援がボクの元気の素です。よろしくお願いしますm(__)m
 ←ポチっとな(*^_^*) 

JUGEMテーマ:映画
続きを読む >>
23:59 | アニメ・漫画・映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

ピクサー 『ウォーリー』に期待大!

アメリカで公開されたピクサーのウォーリーがすごい事になっているみたい。
日本公開が待ち遠しいです。

ウォーリーは700年間一人ぼっちだったお掃除ロボット。
そのかわいい外見は、まさにほよほよしていてすばらしい。
しかし、ゴミの山からブラを見つけて不思議そうに眺めたりするのがある意味皮肉。
自分探しの旅に出るウォーリーの活躍が見られるのは今年の冬。
ディズニー久々のヒット?の予感です。
期待して待ちましょう。

そういえば白雪姫のパロディーの奴、まだ見て無かったなぁ。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


05:16 | アニメ・漫画・映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

アニメ版図書館戦争 第一話感想 ちょっと泣きました

今日、期待度不安を胸に図書館戦争の第一話を見ました。
原作ファンとすれば、想像を裏切る出来だったらどうしようという不安があります。
あれだけすばらしい作品が、もしひどかったら。
それが原作の内容なんだと思われたらものすごく許せないという気持ちになるでしょう。

でも、杞憂でした。
見たら想像以上によかったです。
とりあえず合格点です。
これからさらによくなってほしいかなぁ?

郁も想像以上にかわいくてびっくり。
山猿があれとは思うまい。
でも、ちょっとあのシーンで泣きました。

だって、今ちょうど別冊I2週目読んでるんですよ?
思い出して泣くよそりゃ(>_<)

堂上も声が思ったよりはあっていて(もっと熱血でもよかったけどね)玄田以外はジャストフィットでしょうか?
(イメージがシティーハンターの海坊主でした、リオンは)

柴崎もなかなかかわいくてイメージどおり。
司令や手塚は来週でしょうか?
ちょっと期待しちゃいますね。

多くの人がこの作品を手に取るきっかけになってほしいと思うリオンでした。

<<ただいま『人気blogランキング』に参加中です(^o^)丿>>
皆さんの応援がボクの元気の素です。よろしくお願いしますm(__)m
 ←ポチっとな(*^_^*) 

PS,来週から放送時間が12時45分になりますので、予約設定をチェックですよ!

今日は中央線は大変でしたね。
実は今日中央線に予定があったんですが、急遽キャンセルとなり、巻き込まれずにすみました。
ほんと、巻き込まれた方は大変でした。
ご苦労様でした。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
03:21 | アニメ・漫画・映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

マクロスF(フロンティア)すごかったです

はっきりいってなめてました(>_<)
すいませんm(__)m

やるとは聞いてたけど見る気無くって偶然見ました。
OP途中から録画。冒頭録画し損ねた(>_<)

OPすごいし、菅野よう子さんすごい。
アクエリオンとマクロスプラスっぽいと思ったらなんと、同じ監督だった(^_^;)
リオンの感衰えて無かった。

マクロスの伝統、素人っぽい感じが出ているヒロイン、中華料理店、歌。
すごいオマージュだなぁ。25周年記念だったんだ。知らなかった。

しかし、1話って民間人の飛行機大好きっこがどうやって乗るかってところが見せ場。
敵も強すぎるし、怖くていいです。
一瞬、ファフナーっぽさも感じたけど、有機的な敵は歌が聞くのかなぁ?

ちなみに、バルキリーってあのロボットの名前全般だと思いきや、1機の愛称だったらしい。
モビルスーツ並に定着してたんで知りませんでした。

とにかくアルトって名前が好きです。
ここだけの話、大昔リオン、恥ずかしい小説の女の子の主人公の名前がアルトでした。
でも、マクロスFでは男の子だよ?(^_^;)
女形の家系のようだけどさ。

今後も要チェック、期待のアニメということで注目していきたいと思います。

<<ただいま『人気blogランキング』に参加中です(^o^)丿>>
皆さんの応援がボクの元気の素です。よろしくお願いしますm(__)m
 ←ポチっとな(*^_^*) 

PS,こっちも、5年位したらパチンコになって、いまさらのように主題歌がCMからオリコン1位になるのかな?(^_^;)
アクエリオンの時は、誰も知らない時から歌っていて、後からあの時の歌かと言われ、歌ってと言われて、もう歌いたくなくなったリオン。

俺の歌を聴けー……なんて、言わないし、女の子も言っちゃいけないと思うよ?
つながってる感はあるけど、ライブのシーンがいいだけに、なんか浮いていました。
……その浮いてるじゃなくって、言葉が浮くほうだよ(ーー;)

JUGEMテーマ:日記・一般
03:39 | アニメ・漫画・映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

映画『KIDS』明日から公開! 乙一原作 小池&玉木主演

評価:
乙一
角川書店
¥ 500
(2001-05)
Amazonランキング: 2903位
Amazonおすすめ度:
切ない・・・
上手い!
「闇」の中に一条の「光」
いよいよ明日ロードショー!
小池徹平&玉木宏のイケメンが主演の、切なさの王道、乙一原作(君にしか聞こえない/傷−KIZ/KIDS−)の
『KIDS』の劇場版が公開されます。

主題歌にマッキーこと槙原敬之が歌い、まさに話題作にふさわしい陣営。

個人的にはすでに何作も映画化されている乙一ではありますが、(GOTHも期待してますよ、モチロン)『きみにしか聞こえない』や、『暗いところで待ち合わせ』以上に豪華なメンバーに期待せずにはいられません。

あの青春、男同士の友情!
あの役もすごい方が演じるとの事で、痛さも傷も倍増しそうなのです!

……乙一ファンより、全国のものすごい数の女性ファンと、それ以外のやO1チャンが詰めかけそうですね(^_^;)

でも、女の子と観に行って、泣いてるところを慰めてうまい事いく……
つもりが、逆に内容わかってるのにそれゆえに号泣しちゃってふられそうなので、観に行く時は1人でハンカチもって行きますね、たぶん。
鼻水たらしてみっともない事になって、絶対に振られそうだから(>_<)

皆さんは是非、大切にしたい人と観に行ってみてください。
おすすめですよ!


<<ただいま『人気blogランキング』に参加中です(^o^)丿>>
皆さんの応援がボクの元気の素です。よろしくお願いしますm(__)m
 ←ポチっとな(*^_^*) 



PS,モチロン原作も、マンガ版も出ていますよ!
あわせて、ご覧になってみては?
傷 (角川コミックス・エース 170-3)
傷 (角川コミックス・エース 170-3)
乙一
22:12 | アニメ・漫画・映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

「秒速5センチメートル」イタリアのフューチャーフィルム映画祭でグランプリ受賞!

秒速5センチメートル 通常版
秒速5センチメートル 通常版

新海誠監督の秒速5センチメートルが、イタリアのフューチャーフィルム映画祭にてグランプリ(ランチア・プラチナグランプリ)を受賞したとの事です!(22日)

新海監督、本当におめでとうございます。
監督とは比較的同じエリアで同年代で、勝手に自分の事のように喜んでおります。
数日前偶然にもようやく覚悟を決めてこの作品を拝見したのですが……。

もうね、1話で駄目だった。やばかった。
同じような経験をしたことがあって、ああいう時の喜びから不安に突き落とされる感じとか、すごく切なくて、寂しくて、心細くて。

モチロン、全3話を見て、美しさ、写実的でありながら実際は思い入れが作り出した景色に、絶妙なシナリオ。
『ほしのこえ』や『雲のむこう、約束の場所』でも感動しましたが、また違う心のゆさぶられ方をしましたね。
本当に素敵な作品です。是非皆さんもご覧になってみてはいかがでしょうか?

<<ただいま『人気blogランキング』に参加中です(^o^)丿>>
皆さんの応援がボクの元気の素です。よろしくお願いしますm(__)m
 ←ポチっとな(*^_^*) 

PS,マイケル・アリアス監督の『鉄コン筋クリート』が、審査員特別賞(special mention)を受賞との事で、日本のアニメは本当にがんばっています。
皆さんはは簡単にレベルが高いから取って当然とか思うかもしれませんが
実際は、今の日本アニメはかなり厳しい状況に追い込まれています。
だからこそ、日本政府の政策としての、アニメ保護と技術をさらに研究していく必要性があります。
ものづくりの特異な日本ですが、最近では安い海外にアニメでも委託などして、技術の流失があったり、内容でも日本に迫る物がアジアからも出始めてきた状況です。

だからこそ、新海監督には、これからもすばらしい作品を作り続けていただいてほしいです。
同じように自分もがんばらないと!といつも励みにさせていただいていますので、お体に気をつけて、多くの人の心の琴線に触れる素敵な世界観を見せていただきたいなぁと心より応援しております。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
11:22 | アニメ・漫画・映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

山本正之氏のコメントにやっぱりかの落胆。正義はどこだ?

ヤッターマンを見て前の記事でなんとなくリオンが言ったことが当たっていた事がわかってきた。

あえて前の記事では、悪くは書かなかったOPの歌であるが、それは山本正之氏がいろいろやって完成したものだから、あえて強くは言わなかったのだ。

ところが、蓋を開けてみれば山本正之氏のコメントを読んでやっぱりかと思ってしまった。

もう、言ってもいいよね?
どう考えたって山本バージョンの歌の方がいいに決まってる!
若い人に持てもらいたいから、若い人に歌ってもらいたいというから、託したのに。

それが何故かネットで歌手募集?
自分と同じくらいのベテランの起用?
しかも、デモテープで音程の間違い。
そして、それを直しただけのあれが流されてしまったのである。

しかも、当初9話までしか、ヤッターマンの歌が流されないとの方針だった事に驚きを禁じえない。

は?何寝言言ってるの?
ヤッターキングに変わるにしても9話では早すぎる。
つまり、まったく別の歌手の歌を入れてやろうという事だったらしい。

もうここまで、自分の思い入れのあった作品と曲をでたらめにされてしまった山本さんはもうあきらめ向こうの電話に出ることもなくなってしまったという。

リオンは、某公共放送宇宙から放送で、元気に若々しくヤッターキングや、ヤッターマンを歌う山本さんを見て、心が躍り涙して、元気をもらった。

だからこそ、今回の曲は残念だけど、山本さんにもう一度歌ってほしいと思ってあの記事を書いた。
ところが裏ではあまりにもひどい仕打ちが。

これが作品を支えた人に対する礼だろうか?

今の歌、10話から是非山本さんのバージョンに戻してほしい。
その後で、また、若い人にも同じ曲をリレーのように歌っていくという当初の企画をやってほしいと思う。

それがなされないのなら、金儲けの手段に付き合わずに、見ないだけである。

ちなみに、今日リオンは久々にカラオケに行き、あえてヤッターマンを歌わずに、
イッパツマン、ヤットデタマン、逆転王などを歌った。
この意味がわかるだろうか?

本当に、あの記事を書いた時には、同じように思ってくれる人がいるかなぁという不安も若干あったが、Yahooに載るくらいのニュースになっているのである。

リオンとぷれヴぃじおーねは、
山本さんを応援しています。

正義の味方の曲を決めるのに、
それが正義なのかとプロデューサーに問いたい。


JUGEMテーマ:日記・一般


03:19 | アニメ・漫画・映画 | comments(0) | trackbacks(0) |

21世紀版 ヤッターマン 1話 感想だコロン!

21世紀になって復活したタイムボカンシリーズ、ヤッターマン!そのオリジナルを子供の頃に再放送で楽しんでいたリオン。
楽しみにしてましたよ。

早速、ネタバレ全開で過去の1話との比較をしながら、今回の感想を書いてみたいと思います。

ここからは、反転させてお読みください。
続きを読む >>
23:59 | アニメ・漫画・映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
本好きPeople
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー qrcode